小顔リフト矯正、リンパフェイシャル、美容矯正スクール

ブログ

TOP > ブログ > 安全な小顔矯正についての見解①
安全な小顔矯正についての見解①

代表講師の立元です。

2016年6月末に報道された消費者庁の「小顔になる効果を標ぼうする役務の提供事業者9名に対する景品表示法に基づく措置命令について」

一部のサロン様からご相談がありましたので、スクールからの見解をお伝えします。

まず、今回措置命令の対象となった9名の方が運営するサロンですが、いずれもウェブサイト上での表示内容に問題があるとされています。

その表示内容とは「あたかも、対象役務の提供を受けることで、頭蓋骨のずれが矯正されることにより、直ちに小顔になり、かつそれが維持するかのように示す表示をしていた」と記載があります。(消費者庁公開資料より)

<表示例>

「1回の施術で、横幅が数センチ縮まる」

「-1.5cm縮小・1回の施術、アフターケアで2~3回で固定するのが特長」

「重度の症状でなければ、6回前後で多くの方に症状の改善が見られます」

「他店にはできない、形状記憶する小顔矯正!」

「瞬間小顔コース・1回で終了・小顔になるために通い続ける必要はありません」

など

そのほか「即効性」「頭蓋骨の矯正」「骨格のずれの矯正」「持続する」に関連する表示が共通しています。

私どもの主宰するスクールでの技術は、骨だけに特化する訳ではなく、リンパや血液、筋肉、また自律神経など複合的なケアを提案してきましたので、理論として合致するものではありません。

「一回での数値効果」や「戻らない」といった表現も推奨しておらず、逆に懸念を感じています。

講座内でも、継続して頂くエイジングケアとしての美容セラピーとしてお伝えし続けてきました。

但し、受講後の皆様の表示すべてを把握している訳ではなく、誤解を招くようなことや、サロン様のマイナスになるような事態にならぬよう再度、表示と技術内容についての対応もさせて頂きます。

受講生様で、集客広告におけるお悩みがありましたら、個別にメールなどでご相談頂ければと思います。

今後「小顔矯正」「頭蓋骨矯正」という表示についての取り締まりに加え、報道が繰り返されることにより、お客様のマイナスイメージが高くなる可能性があります。

また「即効」「瞬間」というような表示も、注意が必要です。

「持続する」「戻らない」「○回が目安、終了」などの表示も同様です。

当たり前のことですが、お客様の安全面を考慮し、表示法に基づいた内容でのセラピー活動とサロン運営を続けて頂きたいと思います。

➁につづく